BRIDAL|TADASHI SHOJI(タダシ・ショージ) 公式サイト

BRIDAL

TOP > ブライダル

ドレスメーカーのウェディングドレス

TADASHI SHOJIは1982年の創立から一貫してドレスをメインに作り続けているブランド。

衣装デザイナーのアシスタントからスタートしたからこそ大切さがわかる、『舞台映え』や『動きやすさ』、そしてどんな体型も『スタイルを良く見せる』ドレスは、NYコレクションにてランウェイショーを発表し続けています。それらのドレスがブランドのファッション性の高さと相まって、特別な日に洗練された美しさを叶えてくれます。

舞台映え

フォトジェニック

照明や太陽光などの明かりの下で、より一層輝いて見えるようデザインされており、照明に映え、写真映えもするデザインになっています。
フォトジェニックさは、今最もホットで外せない、重要なポイントですよね。

動きやすさ

動きやすさ

ストレッチ性の高い裏地を使用しているため、身体に沿っていながらとても動きやすいのが特徴。
表地に使われるレースまでも、ストレッチの利く素材をなるべく選ぶようにしているので、身体に美しく沿いながら、ずれやシワをほとんど作らずに動くことができます。ちょっと動いたらズレてしまうドレスでは、気になって楽しめませんよね。

なぜレンタルではないのですか?
スタイルを良く見せる

スタイルを良く見せる

絵に描いたようなパーフェクトな体形を得ることはなかなか難しいですが、TADASHI SHOJIのドレスを綺麗に着こなしている方は沢山いらっしゃいますね。それは何故でしょうか?

その理由は、TADASHI SHOJIではどんな体型の方も綺麗に見せるよう計算しつくされたパターンを用いて、ボディラインを美しく見せるデザインに仕上げているうえに、生地の使い方を工夫しているからです。

例えば、ウエストライン。高めに設定してあるので、脚が長く見える効果があります。また、ウエストのサイド部分を、一見しては気づかない程度ですが、実は数ミリ下げています。相手の目線より下に位置するウエストは、サイドを下げたウエストラインが、目の錯覚によって真っ直ぐに見え、ウエストが締まって見えるためです(逆に真っ直ぐだと、Uの字型に見え、少しお腹が膨らんで見えます)。そして、お腹や腰回りなどの膨らんだ部分は、生地の寄せ方によって、綺麗なドレープで包まれ、女性らしい曲線美を描きます。そういった技術に裏付けられた、体形を美しく見せてくれるドレスを 纏っていると思うと、自然と自信をもつことができ、堂々とした佇まいとなり、さらにその魅力を倍増してくれるのです。嬉しい相乗効果ですね。

なぜレンタルではないのですか?

なぜレンタルではないのですか?

人生で一番神聖な儀式に、誰かが袖を通したものではなく、真新しい純白のドレスを着たい、という希望を叶えることができるほかに、大きく2つの理由があります。
まず第一に、タダシがドレスに一番大切だと考えている『フィット感』を享受いただきたいからです。

タダシは、どんな優れたデザインの、どんなに素敵な素材のドレスでも、『フィット』していなければ、着たときにその魅力は半減してしまうと考えています。レンタルドレスは、締め上げてサイズを調整するなど、フレキシブルなデザインが多いですが、身体に沿った美しいラインを出すには、やはりピッタリ合ったサイズが一番。

購入したドレスであれば、オーダーメイドしたかのように、自分だけのサイズに合わせることが可能です。そのため、TADASHI SHOJI青山サロンでは、専門のドレスアドバイザーが、お一人おひとりに合わせて細かく丁寧に修正することでフィット感を追求しており、特別な一日に、一番輝く姿をご披露いただけるよう、心を込めてお手伝いさせていただいています(専門業者に依頼するため、簡単な丈詰め以外のお直しは有料となります)。

青山サロンのご予約・お問い合わせはこちら

なぜレンタルではないのですか?

第二に、結婚式が終わった後、カスタマイズして想い出を残すことができるからです。例えば、デイリーに着こなせるミディアムドレスにしたり、お子様のベビードレスにしたり。

数年後、新たに愛を誓い合うバウ・リニューアルで、マキシドレスとして着ることも可能です。カスタマイズの内容はあなたのアイディア次第!もちろん、そのまま保管して、お子様やお孫様へ受け継ぐこともできます。

想い出のドレスは、更に色々な想いを重ねて、かけがえのない家族の宝物になるでしょう。

アフォーダブルであること

TADASHI SHOJIがブランドをスタートしたきっかけは、買いやすい値段の洗練されたドレスが市場に無いことでした。すべての女性にドレスを楽しんで欲しい、そしてどんな美しいドレスも、買って着てもらわなければ意味がない、という思いから、アフォーダブルなドレスを作り始めたことがブランドの始まりです。TADASHI SHOJIでは、いろんな工夫を重ねてコスト削減を行い、皆様に手の届きやすい価格で、価格以上の価値を感じていただけるドレスを提供できるよう、たゆまぬ努力をしています。本拠地アメリカでは圧倒的に支持されており、最近では中東でも大きな成功を収めているため、自社が管理する工場にて量産が可能なこともアフォーダブルな理由の一つです。

日本国内の正規販売店にて販売している「JAPAN PATTERN」のタグが付いた商品は、日本人の体型を研究しつくしたパターンを用いて、特別に生産されているため、アメリカで販売している商品とは細かい寸法が異なります。そのため、アメリカでの販売価格と差はありますが、日本のお客様のために特別に作られたドレスは、フィットが違いますので、是非ご体感いただければと思います。

お直しに料金が掛かっても、レンタルドレスよりお得なのも嬉しいですね。

2016年秋より、日本のTADASHI SHOJI正規販売店で販売している商品は、TADASHI SHOJIが日本人の体型を研究しつくして開発した、『ジャパンパターン』を用いて生産されております。